5回目  湯巡り紀行~中国地方編

皮膚炎に効果のある温泉~刺激が少ない泉質がオススメ~

「アトピー性皮膚炎に効く温泉は」とよく聞かれ答えに困る事があります。
お肌はデリケートで体質も人それぞれ。同じ温泉でも効果が出る人とそうでない人がいます。
肌の弱い子どもや高齢者は脂分を取られて逆効果の場合もあり、
基本的には専門医に相談した方がよいと思います。
現代医学では、効果がまだまだ解明されていない温泉治療ですが
数日で症状が緩和する人もおられます。
アトピー性皮膚炎の改善に、温泉保養地でリラックスするのがよいと言われています。
ストレスも原因の一つとされている関係もあるのかもしれません。
皮膚炎に効果のある温泉は、一般的に殺菌力がある「酸性泉」は効くとされていますが、
酸性泉は逆に刺激が強すぎる場合もあり注意が必要です。
比較的刺激の少ないアルカリ泉や炭酸泉ラジュウム泉は肌に優しいので無難でしょう。
先ずは清潔で泉質が自分に合ったお気に入りの温泉探しをお勧めします。
岡山県真庭市の湯原温泉にはアトピー性皮膚炎の治療に取り組む湯原温泉病院があります。
温泉療法医がアルカリ性単純温泉の泉質を生かし
ステロイド剤に頼らない治療をされています。
肌を刺激せず清潔に保ち、田舎でのゆっくりとした生活が自然治癒力を高めるといわれています。
onsen05_01

onsen05_03

onsen05_02

広島県では放射性ラジウム泉の湯来温泉が人気で、
慢性皮膚炎などへの効能をうたっています。
近年は名物の子持ちこんにゃくに加えて、
温泉でチョウザメを養殖されており、キャビアや刺身もいただけます。
大田市の小屋原温泉は二酸化炭素泉でサイダーに入っているような感覚で
はじける気泡がいかにも肌によさそうです。
onsen05_05

onsen05_04

山崎勇三さんプロフィール