人生最後までしっかり噛め、美味しく食事をしたいと思いませんか?

writer:豊岡 正隆

痛みを覚えてから受診したのでは、大切な歯を失ってしまうことも…
虫歯や歯周病はあなたの知らないところで進んでいます。

 歯科医は本来患者様の歯を削ったり、歯を抜きたくはありません。不快症状が出た時だけ歯科医院を受診される方は虫歯や歯周病が原因で歯を失う確率が高いです。
 医療先進国スウェーデンの人達の80歳は平均20本歯が残っているのに対し、日本人は80歳で平均7本です。この差は日本人が痛い時しか受診しないからです。スウェーデン人は60日/1回(国民の約90%以上)予防歯科をしています。当院は予防歯科を始めて30年が経過しました。長年、真面目に予防を行っている人は年齢を重ねても多くの健康な歯が残って、何でも美味しく食事をする事ができます。しかし、予防を行っていても、食生活や生活環境(喫煙など)が正しくないとお口の中はボロボロになってしまいます。
 インプラント治療は近年もてはやされていますが、インプラントを長期にわたり安心な結果を得るには綿密な治療診断、計画、増骨、歯肉移植など様々なお口の条件を整えていかなければ良い結果は得られませし、患者様自身の知識・認識の向上が不可欠です。元楽天の監督 野村氏は『名将は人を残す』と言っていますが、良い歯科医は患者様と噛める喜びや生きる幸せを共有できる事が大切だと思います。


歯を支えている骨が溶ける病気
歯周病(歯槽膿漏)

 30〜40歳以上の70%の方は、歯周病になってます。歯周病は虫歯のように一本一本歯が抜けるのではなく、3本4本歯がまとめて抜けてしまう病気なんです。ほとんどの人は、[歯ぐきから血や膿が出る]といった自覚症状を感じてから初めて歯科医を受診しますが、この症状があるときはかなり悪化した状態なのです。青い線が本来、骨があった位置を示します。下記【症例1】の赤い線が歯周病菌に侵され骨が吸収した現在の位置です。全体的に骨量が1/2〜1/3になっています。特に前歯の骨は歯の根の先まで骨吸収が進み骨がないので、しゃべるたびに歯が揺れる状態です。


歯を失う原因の約50%が歯周病(歯槽膿漏)、 しかし歯周病は治ります


症例1


症例2





マイクロスコープを使用したメンテナンス


【マイクロスコープ】とは

  医科、歯科の手術等で使う顕微鏡のことで、最大で約25倍まで拡大して診ることができます。最初に眼科使用され、以来様々な医療分野で欠かせないものとなっています。
 歯科では、1980年頃に歯内療法(歯の中にある神経を除去あるいは消毒する治療)に使用され始めました。現在では、インプラント治療のほか、あらゆる歯科診療で応用されています。このマイクロスコープ(3台導入)を歯科衛生士が使用し、メンテナンスを行います。
 全国でもメンテナンスに歯科衛生士がマイクロスコープを使用している歯科医院は1%以下となっております(MDI調べ)。
 下記の写真のように肉眼では診断できない部位も正確に判ります。

マイクロスコープで見た画像



レントゲンによる診断

 しかし、歯や歯茎の中が透視できるわけではありませんので、健康診断や人間ドッグのように最低でも1年に1度はレントゲン撮影(必要ならばCTを撮影いたします)による診断を行った方がより詳しい診断が可能となりますのでお勧めしております。

レントゲン画像

マイクロスコープによるメンテナンスご希望の方は、
お電話にてご予約をお願いします。





豊岡正隆先生
豊岡ヘルシー歯科クリニック
豊岡 正隆 先生

《profile》
一般歯科から義歯、インプラント、予防治療、審美治療、噛み合わせの治療、ホワイトニングといった幅広いケアを実施。患者が気持ち良く治療できる最先端技術の導入や環境作りを熱心に行っている。一生つきあえる歯科として評判が高い。

豊岡ヘルシー歯科クリニック
広島市南区翠5丁目22-26
tel.082-255-0600