「今」をより楽しく生きるために…自分史上最高の写真を残す「生前遺影」

writer:田丸 曜子

なぜ「生前遺影」なのか

 健康で楽しく毎日を過ごしている今、「生前遺影」と聞いてもなかなかピンと来ないのではないかと思います。むしろ「生きているうちに自分から遺影を撮るなんて」と抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれません。ですが、健康で充実している今だからこそ、生前遺影を撮影する意味があるのだと私たちは考えています。万が一の時、自分の生きてきた証である最高の笑顔、そして今の時点での最高に綺麗な表情の写真を飾ってもらえたら、それはご自身にとっても残された方々にとっても幸せなことではないでしょうか?
 私たちTintColorでは大人の女性がより美しさを実感し楽しく毎日を過ごしていただくための「大人キレイプロジェクト」という企画をさせていただいております。自分では見つけられなかった「キレイ」をプロの技で引き出し、最高の自分を見つけるための企画であり、多くの方に喜んで頂いております。この企画を行う中で「年齢と共にメイクやお洒落の悩みどころが変わること」「日々どうやっても時は過ぎていくこと」に気が付いた私たちは、「終末」に重きを置いてということではなく、「今」をよりよく生き生きと日々を楽しんでいただくためにもっと美しい自分を見つけていただきたいと強く思い、「生前遺影」という企画に行きつきました。

何のために「生前遺影」を撮るのか

 私たちの行う生前遺影では、その方の持つ最高の美しさをプロのヘアメイクとカメラマンが引き出し、自分史上最高の写真を撮影させて頂いております。堅苦しい撮影ではなく、「ただ撮った」というだけの撮影でもありません。「こんな可愛い笑顔だったね」と残された家族やお孫さんが思い出して笑顔になれるようなお姿を、それぞれに似合ったヘアメイクで引き出し、キレイな写真として残すことに重きを置いています。
 今まで生きてきた経験と年齢を「美しさ」に変えて、あなたらしい納得のいく一枚を残しましょう。厚塗りや派手なメイク、無理な笑顔はご法度です。「来年の自分は今年の自分よりもっと若く美しく」を目標に、お誕生日ごとにご自分へのご褒美とされるのはいかがでしょうか?

生前遺影撮影の流れ


田丸曜子さん