Vol.13 株式会社バルコム
代表取締役 山坂 哲郎さん

株式会社バルコム 代表取締役 山坂 哲郎さん
株式会社バルコム代表取締役 山坂 哲郎さん

【プロフィール】
1955年、広島県生まれ。
広島大学教育学部卒業後、広島マツダへ入社。
3年間自動車営業を学び、その後、株式会社バルコム
ヒロシマモータース(現 株式会社バルコム)へ入社。
1987年に代表取締役に就任し、現在に至る。
コーポレートバイブル「幸せの実現」には
「お客様、社員、会社、社会の4つの満足」という
社長としての最もピュアな信念が盛り込まれている。


諦めない強い気持ちと利他の精神!それがゼロから学んだ哲学

 「限りなくベストに近いベターという社訓を胸に、常に挑戦し続けています」と語るのは、株式会社バルコム代表取締役 山坂哲郎氏。株式会社バルコムは、ドイツの名車BMWをはじめ、MINI・ハーレーダビッドソン・BMW Motorradの正規ディーラー。その他中古車の買い取りや販売、保険や車検などサービス部門も充実させ、カーライフ全般をサポートする体制を確立しています。また今年に入り、株式会社バルコムモータースから株式会社バルコムに社名変更することにより、不動産事業や太陽光発電事業、通信販売事業にも積極的に取り組んでいます。
 飲食事業を展開するグループ会社「バルコムエミュー」は7月に東京に鉄板焼店を、8月には広島市中区にワイン居酒屋をオープンさせました。


 先代の意志を引き継ぎ社長に就任したのは32歳の時。「入社当時は社員が20人。売上台帳や顧客リストもない、まさに商店でしたね」と当時を懐かしく振り返ります。持ち前のバイタリティと柔軟な発想でグループを牽引し、社員数も600人弱までに。山坂社長は、会社の発展には社員の満足が必要不可欠だと言います。
 「社員が満足してなければお客様の満足はない。ましてや会社の満足はない」ときっぱり。山坂社長が考える社員の満足とは、仕事のやりがい、収入の余裕、自分の時間、そして社会貢献活動による豊かな心。特に社会貢献活動には積極的に取り組み、チャリティーコンサートを開催し、小児がんの子どもとその家族をマツダスタジアムに招待したり、施設に車いすを贈呈したり。「社員がボランティア精神を養うことで、お客様にも豊かな心で接することができると考えています」
 日本が誇るべき「利他の精神」の経営のお手本がここにあります。


 株式会社バルコムを率いるリーダー・山坂社長が描く未来図とは?「カーディーラー・カービジネスから総合サービス業への成長を目指しています」

 趣味はゴルフ。「OBになればラッキー!商売の運をゴルフで使いたくないですからね」と超ポジティブシンキング。若さの秘訣は?と尋ねると「今流行のおしゃれをしたり、新しい物を見たり、美味しいと評判のお店に食べに行ったり…」人生を楽しむ達人のように笑いました。仕事も趣味も遊びも常に前向き。そしてこれからもアンテナを張り巡らし、素敵に年を重ねていくに違いない。





ロードスターモデルをモデルチェンジした「ニューBMW Z4」

ロードスターモデルをモデルチェンジした
「ニューBMW Z4」。スタイリングに磨きをかけ
装備も充実、コストパフォーマンスも向上。


商売繁盛の縁起物「招き猫」のコレクションは数えきれないほどに。

猫の手を借りて成功しようという思いから
集め始めた商売繁盛の縁起物
「招き猫」のコレクションは数えきれないほどに。